エスケーエイトは面白い!メインキャラ「ランガ」と個性的なキャラをご紹介!!

オリジナルアニメの傑作!?エスケーエイトはスケボーファンを増やすだろう!!と予想してしまう今季かなりおすすめのアニメです。
日本のスケボー人口は決して多くはない、一部のコアなファンの間でのスポーツに感じます。

だけど「カッコいい!」「やってみたい!!」と思ったことはある人は多いんじゃないでしょうか?

エスケーエイト アニメの原作はボンズ!面白さは保証付き!?

エスケーエイトアニメの原作はボンズと内海紘子さんの最強タッグ!!さすがに見せ方やテンポの良さも評判が良いようです。

私は個人的に内海さんが監督された「BANANA FISH」が大好きなアニメなので、今度BANANA FISHについても書いてみたいと思います。

題材のスケボーですが、このエスケーエイトのアニメの中ではスケボーとは言わず「スケート」って呼んでいます。スケート=氷の上を滑るもの一式、と思い込んでいたのでちょっと不思議に感じました。リアルでスケボーをやってる人はどう呼んでるの?そんなことが気になるのは私だけでしょうか(笑)

はい!そんなスケボーを題材にしたアニメ、エスケーエイトはテレビ朝日系列【ANiMAZiNG!!!】枠で2021年1月9日からスタートしています。

エスケーエイトのあらすじを簡単に!メインキャラの「ランガ」は天然で天才スケーター素質たっぷりのイケメンハーフ!!

エスケーエイトアニメの舞台は沖縄。そこにカナダから転校してきたハーフのイケメン「ランガ」=(馳河 ランガ)が登場してから始まります。ランガは2歳からのスノーボード経験者。父親が亡くなったことをきっかけにスノボを辞め、抜け殻のような日々を過ごしていたところ母親の故郷である日本にやってきました。そこでスケボーを愛してやまないクラスメイト「レキ」(喜屋武 歴)と出会い、スケボーに目覚めていきます。

レキに連れていかれた「S」(エス)はスケボーで閉鎖した鉱山を滑り降りていく危険で極秘、ルール無用な決闘レース。そこで行われる「ビーフ=決闘」の熱狂、スケートの迫力や実力者のパフォーマンスに圧倒されながらも、ランガ自らもスノボで培った技術をスケートでも発揮できることを体感しました。

ランガは普段ボーっとしていてイケメンの自覚もなく、ちょっと天然。女子にプリンスなんて呼ばれているのも気づいてない様子・・・そんなランガが天然なのは母親「奈々子」の影響がありそうです。

ある時レキとランガにすれ違いが起きて、レキとの距離ができたことに悩むランガ。その悩みを相談された奈々子さん、とっても慌てふためいてトンチンカンなアドバイスをしてしまうわけなんですが(笑)実際、高校生の息子を持つ母親は息子から悩み相談なんてされると思ってないんでしょうね。ちょっとその辺はリアルを感じます(笑)

ということで、このシーンはなんとも微笑ましい場面。エスケーエイトではちょっとしたコメディー感もあるので見ていて飽きないし面白いです。
どちらにしても可愛らしい天然なお母さんにランガも似ている感じがします。

エスケーエイトのストーリーが面白い!メインキャラのレキとランガ、二人はこれからどうなるの?

レキとランガのすれ違いの原因ですが、ランガは「S」でスケートの天才「アダム」との戦いから「S」の実力者たちにも一目置かれる存在になっていきます。

初心者ながらあっという間に才能が開花し、どんどんスケートが上手くなっていくランガにレキは嫉妬してしまうんですね。レキがそんな気持ちになっていることに気づかないランガはレキに避けられてとっても寂しそうです。

レキもランガを応援したい気持ちと、自分の実力の無さを受け入れたくない気持ちが交差するわけです。

スケート歴は自分のほうが長く、ランガにスケートを教えたのも自分。
それなのに誰もが認める「S」の実力者アダム、チェリー、シャドウ、ミヤ、ジョー、その中にあっという間に入ったランガ。仲間に入れない自分。

こんな状況に陥ると、どんなに仲が良い友人に対しても嫉妬したり自分が情けなくなってしまうことってありますよね。うーん、レキも気持ち、めっちゃ分かる!!!

レキはスケートの制作もできるし、スケボーの乗り方も客観的に教えられるところから、もしかしたらランガのサポートに徹する選択をするんじゃないか??という憶測も囁かれています。

レキとランガは出会ってからの期間は短いけれどスケボーが大好きでお互いを信頼しあっている親友!!もしかしたらそういう展開になるかもしれませんね。ただ、レキはランガと一緒に滑りたいと思っているので、今後のレキの気持ちがどう変わっていくのか、二人はどんな未来に向かっていくのか?気になります!!

エスケーエイトのキャラは個性的で魅力的!!「S」の実力者の表と裏の顔を紹介します!

基本、エスケーエイトに出てくるキャラは男子ばかりです。しかもほとんどがイケメンです(笑)女子ウケを狙ったのか!?というキャラデザですが、エスケーエイトのストーリーはガチなスケートバトルです。そんな表と裏の顔を持つ「S」の実力者たちを紹介しますね!

◼️愛抱夢(アダム)=神道 愛之介(しんどうあいのすけ)は「S」の創設者。仮面で顔を隠し、闘牛士のスタイルで「S」に参戦。スケートの技術は天才的。ビーフでは相手を再起不能にまで追い詰める。表の顔は政治家一家で自らも若手の国会議員。

◼️Cherry blossom(チェリーブロッサム)=桜屋敷 薫(さくらやしきかおる)は「S」の実力者のうちの一人。スケートではAIのC(カーラ)と共に計算された理論的なスケートをする。表の顔は有名なAI書道家。甘いマスクで女性に人気。

◼️ジョー=南城 虎次郎(なんじょうこじろう)は「S」の実力者のうちの1人。スケートでは「最速のシックスパック」の異名を持つほど、逞しい肉体から繰り出される豪快な滑りが特徴。表の顔はイタリア料理店のオーナーシェフ。オンナ好きで明るい性格、レキやランガのことを度々気にかける優しさも持ち合わせている。

◼️シャドウ=比嘉 広海(ひがひろみ)
「S」界のアンチヒーロー。奇抜なメイクを施し、あらゆるダーティなトリックで相手を翻弄する。表の顔は花屋「チューリップ」の店員で、店長に恋心を抱いている。「S」でのダーティさとは裏腹に、実はとってもいい奴!嫌々ながらもレキやランガに協力してくれる。

アダムとチェリー、ジョーの3人は高校時代の同級生のようですね。「S」の創設はアダムですがこのアダム、相当ヤバい過去をもっていることがだんだん明るみになってきました。裕福な家で育ち、将来有望な国会議員に上り詰めた今も不定期に「S」を開催し、バトル相手を再起不能にしていくやり方は幼少のころからの家庭環境にありそうです。

エスケーエイトアニメの今後の注目点と展開は?

さて、高校時代のアダム、チェリー、ジョーは純粋にスケートが好きで、チェリーやジョーは天才的なスケーターのアダムを尊敬していたんだと思います。その後、海外から帰ってきたアダムがすっかり変わってしまったその理由、後に判明するんでしょうか?

そしてそのアダムにスケートを教えたのがスネーク=アダムの秘書「菊池」だということが分かりました。変わってしまったアダムを止めたい菊池はどんなスケートをビーフで見せるのか?

白熱しているビーフの結果はいかに?有力者たちの対決が熱く展開する中、レキとランガの関係はどうなるの?

今後とも目が離せません!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました