ノブレスアニメの原作は500話を超える大作!OPはジェジュンが!

今回は原作500話を超える超大作!『ノブレスアニメ(NOBLESSE)』をご紹介しましす!
『ノブレス(NOBLESSE)』は、ソン・ジェホさんの原作、イ・クァンスさんが作画を担当した韓国のデジタルコミックです。
韓国のウェブマンガサイト「NAVER WEBTOON」にて2007年から2019年の約11年間連載され、全世界累計閲覧数が46億回突破した人気作。29カ国語にも翻訳されています。
日本でも2018年からLINマンガにて和訳版が配信され、絶大な人気を得た話題作「ノブレス」が満を持してアニメ化となり、2020年10月7日(水)よりTOKYO MX、BS11にて放送中です。
韓国だけではなく世界を唸らせた、ダークアクションファンタジー『ノブレスアニメ』について調べてみました!

『ノブレスアニメ(NOBLESSE )』のあらすじは?公式HPで見ることのできる0話=OVAの感想も!

820年に及ぶ長い眠りから目を覚ましたカディス・エトラマ・デ・ライジェル。

彼は高貴なる血と精神を持つ貴族の守護者、「NOBLESSE」である。

ライジェルと再会した忠実な執事であるフランケンシュタインは、彼を守るため、自身が運営する私立芸欄(イェラン)高等学校に生徒として迎えた。
その後、しばらく学校で同じクラスの生徒と交わり、ライジェルは素朴で平穏な日常を過ごしていた。

そんな平穏な日々に突如終わりが訪れ、ライジェルたちは激動の渦に呑み込まれていく…。

迫りくる世界征服を目論む謎の組織「ユニオン」からの刺客、
「NOBLESSE」として守るべき存在である「貴族」の影、
そして、徐々に明らかになっていく、820年の永き眠りにまつわる秘密…。

守るべき人たちのため、自らの絶対的な力を使わなければならなくなっていくライジェル…
その時、世界が、動き始める―。

ノブレスは英語だとnoble、「高貴な」という意味のフランス語です。

主人公のライジェル(=ライ)は高貴な血を持つ貴族の中でも絶大な力を持っている存在。永い眠りから覚め、高校生として過ごすことになったものの、現代社会に慣れていない様子とたまに見せる天然さが微笑ましく感じるところもあります。

『ノブレスアニメ』の公式HPで見ることができる0話(=OVA)の中で、クラスメートの田代とラーメンを食べるシーンがあります。初めて見た「割りばし」を杭打ちの刑、学に勧められたキムチをニンニクの刑(毒殺)と語るところはライは吸血鬼のようですね。このシーン、ちょっと笑ってしまうのですが個人的にかなり好きです。

言葉少なくクールな佇まいながらもラーメンやその後に遊んだゲームをかなり気に入った様子は現代の高校生男子とも変わらない感じが好印象です。(ラーメンは伸びた状態=増えたラーメンが好きなようですが・・・)
ダークファンタジーというジャンルなので戦闘シーンが多い中、仲間との友情や大切なものを守るために戦う!ということが上手く混ざりあったアニメになっていると思います。
原作500話超えの超大作は『ノブレスアニメ』として何話分の構成になっているのか気になりますよね。500話・・・読むのが大変そうだけどいつかは原作を読んで見たい!

ノブレスアニメ(NOBLESSE )の声優のご紹介!代表作も調べてみました!

さて、そんなノブレスアニメですが登場するキャラクター数がとても多いです。メインキャラクターの声優さんたちとその代表作を調べてみました!

■カディス・エトラマ・デ・ライジェル役:新垣樽助さん→「テニスの王子様」の木手永四郎、「Fate/Zero」の間桐雁夜役など。

■フランケンシュタイン役:平川大輔さん→「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」の花京院典明、「Free!」の竜ヶ崎怜、「イタズラなKiss」の入江直樹など。

■M-21役:大西弘祐さん→「甲鉄城のカバネリ」の雅客・ムガラの2役、「ガーリッシュ ナンバー」のりゅーりゅー音楽Pなど。

■レジス・K・ランデグル役:若山晃久さん→「タイムボカン24」のトキオ、「ワンパンマン」のメンタイなど。

■セーラ・J・ロイアード役:茅野愛衣さん→「ソードアート・オンライン アリシゼーション」のアリス・シンセシス・サーティ、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の本間芽衣子(めんま)など。

■タオ役:中澤まさともさん→「ギヴン」の中山春樹、「ハイキュー!!」の二口堅治など。

■タキオ役:大塚剛央さん→「風が強く吹いている」の蔵原走、「Dimensionハイスクール」の緑ヶ丘流星など。

■田代裕介役:岩崎諒太さん→「ヒプノシスマイク」の白膠木簓、「僕のヒーローアカデミア」の夜嵐イナサなど。

■加瀬 学役:浜田洋平さん→「ガーリッシュ ナンバー」のラインPなど。

登場人物が多く、その中でも数少ない女性キャラクターの「セーラ」ですが、セーラ役の茅野愛衣さんの声に注目しています。代表作の「アリス」と「めんま」が同じ方の声だったとは驚きです!!今回のセーラ役も茅野さんの代表作になればいいな、と思う次第です。アニメの中のセーラの活躍も楽しみです!

ノブレスアニメ(NOBLESSE )つまらない?面白い?感想や評価をまとめてみました!

まずはつまらない、という感想の一部です。

女性のオタク向けのような印象です。キャラクターが男性でイケメンなので、そういうのが専門で好きな人用なのかと思う。どういった物語なのかはわからないが、男性向きの戦闘系とは違う様子だけど、見ようとは思わない。

設定がよくわからなかったです。貴族や守護者やMー21という単語で強引に設定を作っている感じがしたのですが、特段引かれる要素はありませんでした。強いて言えばノブレスというフランス語を使っているところに興味が湧きましたが、設定を見ると逆に興味を無くしました。

設定が分かりづらい、強引すぎる、女子ウケのキャラクターが嫌、ということで面白くなさそう、つまらなそういう声が多いようですね。

逆に面白そう!見たい!という意見も調べて見ました。

最初1話から見てしまいましたが0話からのようです。
能力を持つ貴族の守護者ノブレスが普通の高校で学生として生活する話。ちょいちょい出てくる小さなギャグが個人的には面白かった。主人公のライジェルが最強で、嫌にならない爽快さで敵を倒してくれるのが個人的に良かった!

かっこいいアニメが好きなのでとても楽しみにしてます。深夜にやるのでリアルタイムでは観れませんが、録画したのを時間があるときにじっくり楽しみたいと思います。カッコいいアニメはやはりオープニングなどもカッコいい曲が多いのでそこも期待しています。

面白いという意見には、カッコいいキャラクターだということ、非日常を味わえることが楽しい、などの意見がありました。

厳しい意見が多く見られましたが、キャラクターはとてもカッコよく描かれているのでアニメは見やすく、設定もファンタジーと思えば全く気にならないと思います。カッコいいと言えば主題歌もとってもカッコいいのでこちらも紹介しますね!

ノブレスアニメ(NOBLESSE )の主題歌は韓国出身アーティストジェジュンが担当、カリスマミュージシャンHYDEがプロデュース!

主題歌は韓国出身のアーティスト、ジェジュンさんが担当しています。
オープニング主題歌「BREAKING DAWN (Japanese Ver.) Produced by HYDE」はHYDEさんがプロデュース!!!これでカッコ悪いものができるとは思えません。
そして主題歌は日本語・韓国語・英語の3か国語のバージョンが作られているそうです!
さすがワールドワイド!!

HYDEさんのコメントはこちら

『BREAKING DAWN』は、テレビアニメ『NOBLESSE -ノブレス-』のテーマである“仲間や大切なものを護る為に戦う”ということをひとつのメッセージにして書き下ろしました。そして、ファン想いのジェジュンさんが歌うことを意識して、彼のファンの方々に喜んでもらえるような言葉をイメージしています。すごくいい曲ができたと思いますので楽しみにしていてください

HYDEさんの思い入れも強く、本当にカッコいい楽曲になっています。ジェジュンさんのファンを大切にするところや優しい雰囲気、イケメンなところも主人公のライに重ねて見てしまいますよね。3ヵ国語を比べて聴けることもファンの中では大きなポイントになっているのではないでしょうか。

ノブレスアニメ(NOBLESSE )感想まとめ

最近までこのノブレスアニメを見ていなかったのですが、原作がこんなに世界的に人気のある作品とは知りませんでした。非日常な設定も特に違和感を感じることなく、バトルシーンはしっかり作りこまれているので見応えはありそうですよね。

原作は500話を超えているとのこと、一体どこまでこのアニメで放送されるのでしょうか?原作は完結しているようですがキャラクター数が多いのでキャラクター毎にノブレスアニメのスピンオフが作れそうな予感もします。
キャラクターは女性向かもしれませんが、迫力あるバトルシーンは女子ウケではなさそうですし、全体的にカッコよく仕上がっているのでこの先第2クールや映画化などもあるかもしれませんね!
まずは第1クール、この先の展開が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました