池袋ウエストゲートパークアニメの感想は?声優や主題歌のご紹介!

池袋ウエストゲートパーク(通称=「I.W.G.P」)は石田衣良さんの小説が原作で、シリーズ化もされている石田さんの代表作です。
2000年4月14日~6月23日にかけて、宮藤官九郎さんの脚本・堤幸彦さん監督でTBSのテレビドラマ化もされました。
主人公のマコト役には長瀬智也さん、カラーギャング『G-Boys』のリーダー「キング」=タカシ役には窪塚洋介さんが演じられ、キャラクターの濃さや豪華な俳優陣、原作とは違ったコミカルな演出などもあり、20年経った今でも絶大な人気のあるドラマとなっています。そんな『池袋ウエストゲートパーク』がいよいよアニメ化となり、気になるファンも多そうな予感!!
現在TOKYOMXをはじめAT-X、サンテレビなどで放送中です!

池袋ウエストゲートパークアニメのあらすじと感想は?

東京、池袋の西口公園。通称“池袋ウエストゲートパーク”近くにある
果物屋の息子・真島誠(マコト)は、ヤクザ絡みの犯罪やギャングの縄張り争いなど、警察では手出しできない難事件を次々に解決する“池袋のトラブルシューター”と呼ばれていた。有象無象な人間が集まる池袋の中で、組織に属さず、誰にでもフラットに付き合うマコトの元には、常に危険で刺激的な依頼が舞い込む。「誰にでも優しい街、愛と平和の池袋。…そう、池袋は最高だ」今日も池袋の秩序を守っていた彼のもとに、街の平和を揺るがす厄介な事件が持ち込まれる――。

主人公「マコト」が持ち前の人脈と行動力で、タカシやキョウイチなど周囲を巻き込みながら様々な難事件を解決し、池袋の人々の幸福と秩序を守る・・・1話完結のストーリーとなっています。

原作は20年以上前に書かれたものになりますが、今回の池袋ウエストゲートパークのアニメには短編小説集シリーズの中で人気のある作品を題材にしたのかもしれません。

現に2020年という時代に沿った内容の回もあるようです。
例えばYouTube(のようなイメージ)を題材にしたもの(第3話:ゼタムーバー@芸術劇場)、過酷な外国人労働者の現状を題材にしたもの(第5話:ドラゴン・ティアーズ)など社会問題を題材にした内容もあります。
アニメはドラマと違って原作に近い設定となっているそうなので、アニメのキャラクターもクールでハードボイルドな雰囲気が漂っていますね。
それでもマコトの根本にある池袋に対する地元愛やタカシや仲間たちとの友情の深さについては原作・ドラマ・アニメにしても変わることはありませんので安心してアニメも楽しんで欲しいところです。

池袋ウエストゲートパークアニメの声優陣には、あの日本を代表するアニメの声優の名前も!

さて、気になる池袋ウエストゲートパークアニメの声優陣について調べてみました。

■マコト役:熊谷健太郎さん→「グランクレスト戦記」の主役 テオ・コルネーロ、「火ノ丸相撲」の五條佑真役などで知られていますね。

■タカシ役:内山昂輝さん→「ハイキュー!!」の月島蛍、「ユーリ!!! on ICE」のユーリ・プリセツキーなど濃くてクールな役どころが多いようです。池袋ウエストゲートパークのキング=タカシもそのジャンルに当てはまる感じがしませんか?基本的に内山さんの声、好きです!

■キョウイチ役:土田玲央さん→「あんさんぶるスターズ!」の朱桜司、「スケートリーディング☆スターズ」の望月暁光など。これからが期待される声優さんのようです。

■ヒロト役:木村昴さん→国民的アニメの代表「ドラえもん」の剛田武=〈ジャイアン〉、「ヒプノシスマイク」の山田一郎ほか、多数の人気アニメキャラの声優をされています。

■磯貝役:花江夏樹さん→鬼滅の刃の竈門炭治郎、東京喰種トーキョーグールの金木研(佐々木琲世)など、大ヒットアニメの主役声優を務めている花江さんが担当されています。今最も注目されている花江さんの声は鬼滅の刃の炭治郎やトーキョーグールの2役でも心の優しさがキャラクターからにじみ出ている感じがしませんか?池袋ウエストゲートパークのアニメの中で「天使」と呼ばれる磯貝役にもピッタリなイメージです。

豪華な声優陣が集結している「池袋ウエストゲートパーク」のアニメですが、強烈なイメージのあるドラマの雰囲気とは違っているかもしれませんね。その違いをも楽しみながら見てもらいたい作品になっていると思います。

池袋ウエストゲートパークアニメの主題歌の紹介!

「池袋ウエストゲートパーク」OP主題歌はTHE PINBALLSの「ニードルノット」。
THE PINBALLS 古川貴之(Vo) さんのコメント紹介です。
ドラマ池袋ウエストゲートパークが放映されていた時、俺は高校生でした。
仲間達がこの作品に熱狂していた事を思い出します。
みんな悪そうなもの、華やかなもの、カッコいいものをとにかく探していた。
みんな背伸びしたり、めちゃくちゃをやったりしていた。
それはまさに20世紀が終わろうとしている時でした。誰もが、よくわからない強いエネルギーに突き動かされていたような気がします。
ニードルノットは、そんな、よくわからないエネルギーのイメージを言語化した造語です。
俺にもニードルノットが一体なんなのか、実はよくわからない。
けれど針の結び目をたどってゆけば、ガレキの塔に辿り着ける。
衝動的なエネルギーと本能で作った歌です。
今この時代に新しく生まれ変わろうとしているIWGPの世界と関われた事を光栄に思います。

池袋ウエストゲートパークアニメのエンディングはまさかの2曲設定!さらにドラマの「忘却の空」が!?

そしてエンディング曲は4人組ロックバンド「INNOSENT in FORMAL」の「after song」と「思うまま」です。
2曲を起用することは異例ともいわれているところに、さらに驚きのEDが!!11月17日に放送されたアニメ「池袋ウエストゲートパーク」の第7話のエンディングでは、2000年に放送されたドラマ版の主題歌「忘却の空」が流れ、アニメを視聴していたファンからは「忘却の空流れた瞬間トリハダー!!!」と感激する声があがっているようです。
忘却の空はロックバンド「SADS」の楽曲でドラマのイメージにはドンピシャなイメージでした。
今回オンエアされた楽曲は当時のドラと同じものではなく、2019年にSADSのvocal清春さんのデビュー25周年を記念して再録されたセルフカバーVer.です。そんな清春さんのコメントを紹介します。
「当時はまだ若くてわがまま放題で、ドラマに使って貰えることの意味や喜びなどはあまり感じないままその時々で自分が好むベストな楽曲を作っていました」と告白。結果的に同曲は「ミュージシャンを続けていく上で自分を何度も救ってくれる曲」になったとも明かしており、「この曲がアニメになったIWGPと再会出来たことを嬉しく思います」
と喜びを語ってます。
ドラマ世代にとってはこのサプライズには感動ものでした!!この先も「忘却の空」がエンディングで使われるのかは分かりませんが、かなりのインパクトになったことには間違いありません。

池袋ウエストゲートパークアニメ ひどいと言われる真相とまとめ

何にしてもかなり有名な「池袋ウエストゲートパーク」、特にドラマの人気からアニメキャラクターの印象はなかなか崩せないところが大きい印象です。
ひどいと言われるのは内容の設定が現代と20年前が入り混じり、見ている方も時代設定が混乱してしまうことも一つ挙げられると思います。
ですが、池袋ウエストゲートパークファンであるならば原作もドラマもアニメもそれぞれの面白さを感じつつ、それぞれの媒体から放たれるメッセージを受け取ることが本当のファンなのではないでしょうか?
最後にマコトの「ブクロサイコーーーっ!!」がアニメでも聞けることが密かな楽しみのひとつです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました